作業スペースとしても娯楽施設としても便利なネットカフェ

ウーマン

誰と一緒でも楽しめる場所

漫画

1人でも、カップルでも、家族でも楽しめるのが、漫画喫茶の魅力です。巻数や部数の多い漫画や、結末を読み損ねた長編漫画を読むこともできます。テーマパークなどに行くのと比べれば、リーズナブルでストレスも少ない遊び場です。

詳しくはこちら

ビジネスから娯楽まで

PCを触る女性

仕事や作業を行なうスペースとして生まれたネットカフェ。その様相は時代とともに、究極のフリースペースとして進化していっています。様々な施設を備え、複合していったことで、今やネットカフェは宿泊施設にもなりえる場所になっています。

詳しくはこちら

進化する娯楽施設

店員

ネットカフェや漫画喫茶は、様々な施設を取り入れたフリースペースになっています。現在でも、カラオケや映画館、ダーツやビリヤードスペースも取り入れた複合カフェとして、進化を続けています。

詳しくはこちら

作業が進まないなら

読書する女性

「進捗はどうですか」今、この質問に渋い顔をしたクリエイターさんは、恐らく作業が手に付いていない状態ではないでしょうか。家には作業妨害する要素が沢山転がっています。気が散っている場合は、作業場所をネットカフェに移してみることもオススメです。実は、人間は、部屋が片付いていないと作業中に気が散りやすいのです。試験勉強でもそうです。集中しなければならない作業を前に、近くにおいてある物が気になってしまうことは多いですね。ネットカフェなら、手元にパソコンだけになるので、それ以外に気が散ることが少なくなります。漫画を置いているカフェがあっても、それを取りに行かなければ自動的に手元に来ることはありません。作業環境もネットカフェでは、クリエイターを支援する画像編集や、映像編集ソフトが制限時間中は使いたい放題です。例えば、フォトショップやイラストレーター、ファイナルカットプロなども追加料金無しに利用ができます。通常購入するとなると、フォトショップなどは使用料や更新料で10万前後を覚悟しなければなりません。それが10時間1600~2000円などで利用できることもあります。ドリンクやフードも店員が用意しているので、足りなくなっても自分で買いに行く必要もありません。ネットカフェは作業環境として時間制限もあるので、効率的に作業をできるスペースとも言えるでしょう。そのことから、ネットカフェは作業環境においてオススメできる場所なのです。